ハローブライダル
twitter

婚活体験者の声

ホームページでハローブライダルを発見

京都市Aさん(ナース:25歳女性)

病院勤務で、バタバタと過ぎ去る日々を送っていました。
そんな私が、何気なく「婚活相談京都」を検索していたら「ハローブライダル」のHPを発見。
ほんの軽い気持ちでメールをしてみたら、次回の休日にカウンセラーさんとお会いすることに。

ドキドキしながらカウンセラーさんとお会いしましたが、堅苦しさを感じることなく親切に説明をしていただき疑問や質問などにも即答いただき、安心して婚活を任せられると思い入会しました。
婚活開始から1週間、お見合い相手と出会うことができました。
お見合いの調整も、カウンセラーさんに希望内容(日時や会場)を伝えておけば調整をしてくれる手軽さ。
お見合い当日、出会って間もない気さくな彼と意気投合してデートに。
その夜、カウンセラーさんを通して彼からの「交際OK」の返事をいただきました。
交際中は、お互いの距離を縮めることに集中。
交際開始2か月で彼からプロポーズをされ婚約しました。

いまは、彼との生活を満喫しています。

誠実な彼に出会えて感謝

大阪市Bさん(OL:23歳女性)

私がハローブライダルと出会ったのは友人からの紹介でした。
京都伏見に親身になってくれるカウンセラーさんがいるとの情報を得て連絡(メール送信)。
まあ、結婚相談所なんて何処も同じで、高額な費用と無駄な時間を費やすだけと考えていました。
ところが、ハローブライダルは違いました。
面談当日には、カウンセラーから「いい方がおられました」とのメール連絡。
詳細については、私のパソコンに登録してあるネットクラブサイトから彼のプロフィールを確認。
カウンセラーさんに「お見合いOK」ですとお返事すると。
すぐに、彼のカウンセラーさんへ連絡してもらい「お見合い」が決定。

土日がお休みの私に合うよう、カウンセラーに日時と会場を調整してもらう。お見合い会場はクランヴィアホテル大阪の1階ティールーム。

※お見合いまでの速さに驚くばかりでした。

お見合い会場で出会った彼は、口数も少なくて慎重に慎重に言葉を選んでるように思えました。
私も緊張していたけれど、彼は私の数倍緊張していました。
でも、彼の誠実さと実直さにひかれ交際することに。
毎週、少しずつですが心を通わせながらゴールイン。

はじめて私を認めてくれる男性に出会えたことに感謝しています。

カウンセラーさんに背中を押してもらいました

奈良市Cさん(介護士:35歳女性)

介護の現場では、出会うことがむずかしいと実感していました。
まわりは、高齢の方ばかりで職場は女性ばかり。
まったく、想えるような相手がいる環境ではなかったんです。
あるとき、スマホで「出会い」を検索していたらハローブライダルのHPを発見。
電話は、つながりにくいのでお問い合わせに必要な情報を入力して返事を待つことに。
※カウンセラーは多忙なため留守電状態になっています。
お問い合わせに必要な情報を入力して返事を待つことに。
翌日、前向きな返信(メール)を確認してからカウンセラーさんと会うことに。
面談当日、あれこれカウンセラーさんに自分のことを相談しましたが、「結婚したい気持ちを裏切るんですか。あなたが始めないと何も始まらないし出会うこともむずかしい」と言われ、ハッと気づいたんです。
「待っているだけでは、何の解決にもならないんだ」と決心。
あの言葉を心の支えとして婚活を開始すること4か月。

いい出会いがあり結婚、いまは都市部から離れた静かな場所でご両親と主人と4人と暮らしています。

ライフスタイルに合わせた提案がもらえる

八王子市Dさん(会社員:35歳男性)

一生独身のまま終わるんだと、結婚をあきらめそうになっているときハローブライダルの存在を知ったのです。
結婚相談所に連絡するのは初めてでしたが、HPのお問い合わせからメール送信。
面談調整をしていただき、後日お会いすることになりました。

私の仕事上、京都に行くことが困難だったためカウンセラーに出張いただきました。

JR八王子駅で待ち合わせ、話しのできる場所へと移動。
婚活についての現状やご説明を受けネットクラブに入会。
ネットクラブなら、簡単にお相手も検索でき、お見合いの申し込みもできるから便利。
入会後、数人の女性にお見合いを申し込みましたがお断りをされました。
しかし、ひとりの女性から「お会いしたい」と連絡がありお見合いとなったのです。

緊張はしましたが、お見合いでは少し彼女と話すこともでき、交際OKをいただきました。

交際もすすみ、現在は彼女と「結婚」の話しをすることもあります。

すべては、ハローブライダルのおかげです

お見合い中、カウンセラーに緊張をほぐしてもらいました

宇治市Eさん(公務員:32歳男性)

大学を出て公務員になって人生を終わるのもいいかも。
そんなことを考え出したあるとき。ひょんなとこから、ハローブライダルのことを知り連絡。
休日にカウンセラーと会いましたが、親身に聞いてくれ話してもくれました。
婚活会員になって5か月。待望のお見合いが実現したのです。

緊張をほぐすため、カウンセラーの同席を要請。
お見合いが始まってもいないのに、私はガチガチに固まってしまいましたが、カウンセラーと事前相談をすることで少しはリラックスできたかな?

いざと、意気込んでお見合いにのぞみましたがポツポツ程度の会話しかできなかったことしか覚えていません。しかし、そんな私に彼女は好意を示してくれたのです。

交際「OK」の返事は当日にカウンセラーへ送信しましたが、彼女からの返事がないのでドキドキが止まらない。お見合いの翌日、「もう一度お会いしたいです」との返事に。思わずヤッター!と叫びだす始末。

いまは、交際期間を経て結婚することもできました。
彼女のおなかには新しい家族も育っています。